解くコツこつこつ 〜大学入試問題・国語〜

基本的な解法のコツを分かり易くご紹介します。歩みを止めずけれど焦らず、一緒にこつこつ勉強して行きましょう。

2017年度 慶應義塾大学 文学部ー小論文 No.4

7.評論全体の構成 いよいよ総仕上げだ。評論全体の構成を文字として纏める気持ちで、要約を完成させよう。要約文の総仕上げは評論全体の構成を文字で纏める作業 8. 評論全体の構成 ー 図式化 では、評論全体の構成を図式化してみよう。 【第1論 – 掛合教…

2017年度 慶應義塾大学 文学部ー小論文 No.3

5. 筆者の考えを要約しよう 1〜4で述べたコツを使いながら課題文(以下、評論と言う)を読んで行くと、「その日暮らし」を「わたし」がどのようにとらえているか、という箇所にたどり着く。 (A)(本文)だが、タンザニアの農村のアソビは、上野村の人…

2017年度 慶應義塾大学 文学部ー小論文 No.2

3、要約の主要部分を見極めよう 評論文において中心となるのは筆者の考え ( = 主張 ) 部分だ。 この課題文 ( 以下、評論と呼ぶ )の筆者は「わたし」である。 前半部分に出てくる「掛谷誠先生」の講義内容は、「わたし」が「Living for Today」=「その日暮…

2017年度 慶應義塾大学 文学部ー小論文 No.1

設問1 この文章を300字以上360字以内で要約しなさい。(「Living for Today」という用語は使わないこと。) 1.評論の読解について 要約ということは、この「課題文 ( = 評論文 ) の内容を理解しよう」ということである。そこで私は評論文の読解は以下の2…